とても重宝するのがEdy機能とクレジットカードの一体型ですが、気を付けなければならないことがあります。使った金額を把握するのが難しいということをよく耳にします。特にEdy以外の電子マネーと併用している場合、状況は一層複雑になります。使ったカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円でといったことがだんだん分からなくなってしまうようです。

 

うっかり使いすぎてしまうという人もいます。また、Edy一体型クレジットカードは紛失時に不便です。便利なものですので、無くしてしまうと生命線を失うに等しい事態になってしまいます。かなり再発行の手続きは複雑のようですので、絶対に失くさないようにカードの管理を気を付けて行いましょう。クレジットカードの解約ですが、Edyクレジット一体型は、Edyの電子マネーを全部利用してしまった後でないと不可能だそうです。

 

クレジットカードの利用期間が過ぎていたため何気なくカードを裁断処理したとします。これにより失くしてしまうのが、カードにチャージしていたEdyの電子マネー全部です。カードは一体化していますが、クレジットカードと電子マネーの機能は別々です。一体型であっても、クレジットカードはクレジットカードとして、EdyはEdyとして扱わなければいけないわけです。