ストレッチの注意点

| 未分類 |

a0003_001621

 

ストレッチを行う時の注意点は、ひとつは先に述べました。
ゆっくり行うことです。急で激しい動きは、腰に更なる負担を掛けることにしかなりません。また、呼吸も大切です。筋肉を伸ばしている時には息も一緒に吐きながら行いましょう。ただし、伸ばしている時に痛みを感じればその時点で止めてください。無理はしないことです。痛みを感じるということは、無理矢理に負担を掛けていることにほかなりません。できないことを無理強いしても、ストレスになってしまうだけです。多少は無理をしなければならないと思われるかもしれませんが、余計な痛みを抱えることになります。

 
ゆっくり行うこと、無理をしないこと。これは必ず念頭に置いておいてください。
そして、ストレッチの効果を体感してください。ゆっくりと、息を吐きながら伸ばされた筋肉は、姿勢を戻した時にその感覚が伝わってくるはずです。伸びていると、伸ばす前よりも伸びて整っているはずです。それが感じられないということは、力が入っているか、きちんと伸ばされていないということなので、今一度方法を見直してみてください。無用な方法を何度したところで効果は上がりません。
腰痛は、癖になりやすいものです。少しでも軽減できるように頑張りましょう。