野球をしている人にとって、悩みは尽きないものです。

悩みの一つとして、どうすれば、ホームランを打てるようになるのだろかということではないでしょうか。

 

ホームランを打てるバッターだって、野球を始めたころからセンスが良かったわけではありません。
野球を始めたその日から始まっている、日々の努力に尽きます。

バッティングのセンスを磨くためには、トレーニングバットを正しく選んで使うことが必要になります。

 

トレーニングバットには、長いもの、重いものといった種類があります。
規格外のバットを使うことで、普通のバットではなかなかつきにくい筋肉をつけることができます。

バッティングをするうえで、必要な筋肉がバランスよくつくことで、軸がしっかりとして、腰を効率よく使うことが可能になります。

 

野球選手の中には、長期に渡って戦線離脱をしている報道があります。
しかし、中には、記録を作ってしまうほどの怪我知らずな選手もいます。

そのような選手は、トレーニングバットを使って、負荷をかけながら必要な筋肉を効率よくつけているので、怪我をしにくいのです。

トレーニングバットを正しく選ぶことが、長年に渡ってプレーを継続するコツではないかと思います。