姿勢もよくなる

| 未分類 |

ストレッチを行うことで、腰の痛みだけではなく、姿勢もよくなります。
猫背は腰に負担が掛かるということは世間に広く知られている事実です。上半身の体軸が1本の直線でないために、支える腰の骨にすべてが負荷として掛かり、蓄積されて腰痛の原因になります。

 
しかし、反り腰というものも、腰に大きく負担が掛かるのです。腰が(腹部が)前に突き出されている人のことです。壁に背を預けてみると一目瞭然です。背中が反ってお尻が上向きになっているため、腰と壁との間に拳が入るほどの隙間ができるのです。腰が突きだしてしまっているために、頭をしっかり支えられていないのです。頭部は、人間の体の部分としては最も重たいものです。正中線が一直線になっている人は、余分な負荷の掛かりようがないために、腰への負担が最も軽いのです。曲がってしまえば、そこに上からの負荷が大きくのしかかってくることは想像に難くないでしょう。

 
正しい姿勢というものは、重心が正しい位置にあるものです。腰やおへそ、お尻が上を向いていてはいけません。背筋が伸びる感覚を意識してください。その位置のままで腰のことを考えると、猫背を直そうと腰を突きだす形になってしまいます。そうではなく、腰を入れつつお腹をへこませてみてください。
そして上から引かれる感覚を保てば、まっすぐな姿勢になっていることでしょう。