» 未分類のブログ記事

a0780_000559

 

学生時代、授業で野球をしたことがあります。

グローブでボールをキャッチすることはできても、バットでボールを打つのって意外と難しかった記憶があります。

 

野球以外の打つスポーツをしている人でも、バットにボールを当てるのは難しく、下手に空振りすると、身体に余計な負担をかけてしまうことがあります。

軟式野球部や軟式野球チームでプレイしている人の中には、バッティングセンスがない人もいるかもしれません。

やみくもに打っていても、上達しません。

 

上達するためにお勧めしたいのが、ユニックスのスレンダーバット軟式用です。
普通のバットより細くできています。

細いことで、正確に芯をとらえて打つことができます。
芯をとらえて打つポイントがわかることで、ヒットを飛ばすことができるようになります。

 

今まで、打つたびに乱れていたフォームも、矯正する事ができます。

芯をとらえて打つポイントがわかり、正しいフォームを身につけることで、正確に打つための筋肉を付けることができます。

 

ユニックス スレンダーバット軟式用は、細いバットですが、実打も問題なくできます。

細いバットでも、正しい打ち方を身につけることで、普通のバットと遜色なく打つことができます。

ヘキサトレーニングバット63

| 未分類 |

野球を含めたすべてのスポーツに言えることですが、練習方法が悪いと、上達しないばかりか、怪我をしてしまいます。

プロ野球選手は、試合だけでなく練習中の怪我が原因で、選手生命を断たれている人がいますよね。

 

プロ野球に関するスポーツ番組を見ていると、冬になると、次のシーズンに備えたトレーニングをします。
投球・バッティング等の強化や改良をしています。

スポーツ番組でも、前のシーズンと今シーズンのフォームの比較を出して、強化した点や改良した点が出てきます。

プロに限らず、アマチュアの人でも、日々のトレーニングは欠かせません。

 

野球では、守るだけでなく、攻めも必要です。
攻めを強化するためには、バッティングのトレーニングは必須です。

トレーニング専用のバットを使うと、フォームの矯正ができたり、筋肉を付けることなどができます。

野球をしている人の中には、トレーニング専用バットを知らないという人もいるかもしれません。

 

普通のバットと違って、長かったり、短かったり、重かったりします。
いつもと違うバットを使用することで、足りない部分を鍛えることができます。

もしよければ、ヘキサトレーニングバット63で、バッティングの強化をしてみませんか。

 

 

SSK トレーニングバット

| 未分類 |

あこがれの野球選手はいますか。

野球を始めるきっかけとなった出来事は必ずあります。

そのひとつが、プロ選手が野球をするうえで、欠かせないのがトレーニングです。

 

ボールを的確に投げるだけでなく、バッティングも重要です。

ホームランを打てるようなセンスのバッティングを身につけます。

毎日、人の何倍も打っても、練習の仕方を間違えては、一向に上達しません。

 

バッティングの上達に必要なのが、トレーニングバットです。
普通のバットとどう違うのかと思います。
普通より、長かったり、短くて重かったりします。

 

異常な状態の状態で打つことで、ボールを見て打つ事ができる、打ち抜くスピードが上がる、ボールの芯を打ち抜く、ミートポイントの確認等をすることで、格段にパワーアップします。

 

また、打つ時のバランスを付けるために、片手トレーニングをする人もいるようです。

トレーニングバットでお勧めしたいのが、SSKのトレーニングバットです。

現在発売されているトレーニングバットには、リーグチャンプTRAININNG、リーグチャンプFUNGO、リーグチャンプKNOCK、リーグチャンプがあります。

 

一生懸命トレーニングして、確実にレギュラーを確保したいですね。

 

 

野球をしている人の中には、どうすれば、4番バッターになれるのだろうと思っているのではないでしょうか。

 

やみくもに練習しても、4番バッターなんて夢で終わってしまいます。
それなら、どのような練習をすればよいのでしょう。

 

バッターとして必要な筋肉を鍛える必要があります。
必要な筋肉を鍛えることで、的確に打つことができるようになります。

 

普段打つ時、腕の力だけでバットを振っていませんか。
腕だけで振っているという人は、今すぐフォームを改善しなければなりません。
身体全体でスウィングすることで、4番バッターが一番打つことができるホームランを打つことができるようになります。

 

ホームランは、筋肉のバランスとスウィングがバッチリ決まった時、綺麗に弧を描いて打つことができるようになるのです。

トレーニングバットを購入したいけど、どのバットがいいのかわからない人は、リーグスターのバットを使ってみてはいかがでしょうか。

 

長いバットで練習すると、スウィングするときに身体の軸を作ることができます。
腰を上手く使って全身で打つ感覚が身につきます。

 

リーグスターで正しいフォームを身につけることで、上達するだけでなく、怪我の予防にもなりますよ。

 

 

野球をしている人にとって、悩みは尽きないものです。

悩みの一つとして、どうすれば、ホームランを打てるようになるのだろかということではないでしょうか。

 

ホームランを打てるバッターだって、野球を始めたころからセンスが良かったわけではありません。
野球を始めたその日から始まっている、日々の努力に尽きます。

バッティングのセンスを磨くためには、トレーニングバットを正しく選んで使うことが必要になります。

 

トレーニングバットには、長いもの、重いものといった種類があります。
規格外のバットを使うことで、普通のバットではなかなかつきにくい筋肉をつけることができます。

バッティングをするうえで、必要な筋肉がバランスよくつくことで、軸がしっかりとして、腰を効率よく使うことが可能になります。

 

野球選手の中には、長期に渡って戦線離脱をしている報道があります。
しかし、中には、記録を作ってしまうほどの怪我知らずな選手もいます。

そのような選手は、トレーニングバットを使って、負荷をかけながら必要な筋肉を効率よくつけているので、怪我をしにくいのです。

トレーニングバットを正しく選ぶことが、長年に渡ってプレーを継続するコツではないかと思います。