» 未分類のブログ記事

とても重宝するのがEdy機能とクレジットカードの一体型ですが、気を付けなければならないことがあります。使った金額を把握するのが難しいということをよく耳にします。特にEdy以外の電子マネーと併用している場合、状況は一層複雑になります。使ったカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円でといったことがだんだん分からなくなってしまうようです。

 

うっかり使いすぎてしまうという人もいます。また、Edy一体型クレジットカードは紛失時に不便です。便利なものですので、無くしてしまうと生命線を失うに等しい事態になってしまいます。かなり再発行の手続きは複雑のようですので、絶対に失くさないようにカードの管理を気を付けて行いましょう。クレジットカードの解約ですが、Edyクレジット一体型は、Edyの電子マネーを全部利用してしまった後でないと不可能だそうです。

 

クレジットカードの利用期間が過ぎていたため何気なくカードを裁断処理したとします。これにより失くしてしまうのが、カードにチャージしていたEdyの電子マネー全部です。カードは一体化していますが、クレジットカードと電子マネーの機能は別々です。一体型であっても、クレジットカードはクレジットカードとして、EdyはEdyとして扱わなければいけないわけです。

 

 

 

 

 

クレジットカードでEdyをチャージすることはできるのでしょうか。プリペイド型の電子マネーであるEdyは、あらかじめお金を入れておかなければ使用することができません。Edyに入金する行為のことをチャージといい、1つのEdyにチャージできる最大金額は50,000円です。入金機やPOSレジが店頭にあるのでそれで現金をチャージする方法もありますし、レジで店の人に申し出てチャージをしてもらうこともできます。

 

クレジットカードの情報を登録することで、クレジットカードからのEdyチャージも可能です。かつては、クレジットカードでチャージをするとチャージ分のポイントがクレジットカードに入りました。非常にお得感はあったのは、Edy使用時のポイントと一緒にポイントをダブルで得ることができたからです。チャージ時にはポイントがつかないクレジットカードも近頃は増えているようで、今までのようなメリットは無いようです。クレジットカードによっては、今でもEdyにチャージすることでポイントが発生するものもあるようです。

 

将来的にもクレジットカードでチャージをする時に加算されるカードは少なくなっていくといえるのは、Edyへのチャージでクレジットカード会社がプラスになることはないからです。Edyチャージへのポイントが無くなっても、そのことに気づかずにクレジットカードでのチャージを続けている人も意外と多いようです。Edyを利用するなら、クレジットカードでのチャージのことなどしっかり機能を理解して上手に活用していただきたいものです。

 

 

 

 

Edyカードとクレジットカード

| 未分類 |

どのような特徴がEdyカードとクレジットカードにはあるのでしょうか。楽天Edy株式会社が出している電子マネーがEdyというものです。非接触ICチップの技術を、カードまたは携帯電話に利用しているものです。電子マネーとしては、国内最大規模の累積発行枚数を誇っています。多種多様な形のものがEdyにはあるのですが、いちばんよく使用されているのがカード型のEdyです。

 

社員証や学生証、クレジットカードやキャッシュカード、会員証にEdyがついたものがあります。モバイル型はNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム各社のおサイフケータイとして、専用アプリをダウンロードして使用します。リストバンド型やストラップ型のEdyも個性的なものとして出てきたようです。クレジットカード一体型は、たくさんのところから出されているタイプで、Edy機能がクレジットカードに付帯されているものだそうです。1枚のカードに複数の機能を持たせることで、財布の中をスリムにすることができます。

 

Edy機能付きのクレジットカードなら、コンビニでのショッピングの際にクレジットカード決済ですることには抵抗があるという人でも、お金を払う段階で専用読み取り機にかざすだけで買い物することができるのです。現金の受け渡しの手間もかからず、レジでの処理が短時間で済みます。クレジットカードがなくてもEdyを利用するとポイントがつくため、頻繁にコンビニ行くという人は、現金で支払うよりもEdyを使った方がポイントが貯めやすいのでおすすめです。

 

 

 

 

 

歩行について

| 未分類 |

日々の中で、腰痛の改善を行うにはどうしたらいいでしょう。
ストレッチを特別なこととして捉えると、毎日しなければいけないものだと義務に感じてしまうかもしれません。そうなると、心理的にストレスになってしまうかもしれません。ストレスも、体にいいものではありません。それでは、現在の生活の行動の中から改善していきませんか。

 
毎日、誰もが行っていることです。おわかりでしょうか、歩行です。歩き方ひとつをとっても、腰に良い歩き方というものがあるのです。想像していただいたらすぐにでもおわかりになるかと思います。先にも述べた、猫背で歩いている人と、上に引っ張られるように背筋をまっすぐ伸ばした人とでは、やはり、見た目としましても猫背の人のほうが腰に負担が大きいように思われます。事実、そうです。そして、猫背や反り腰のままだと正しい歩行もできません。
では、正しい歩行の方法とはどういうものなのでしょうか。

 
腰痛の原因として、筋肉の衰えを指摘させていただきました。それは、上半身の筋肉だけではなく、下半身の筋肉にも言えます。つまり、筋肉を確り使って歩くことを意識すれば腰痛の改善にもつながるということです。足を引きずって歩いていませんか。踵から大地を踏みしめて歩いていますか。
足腰を強くするのは、良い歩行です。

 

 

 

姿勢もよくなる

| 未分類 |

ストレッチを行うことで、腰の痛みだけではなく、姿勢もよくなります。
猫背は腰に負担が掛かるということは世間に広く知られている事実です。上半身の体軸が1本の直線でないために、支える腰の骨にすべてが負荷として掛かり、蓄積されて腰痛の原因になります。

 
しかし、反り腰というものも、腰に大きく負担が掛かるのです。腰が(腹部が)前に突き出されている人のことです。壁に背を預けてみると一目瞭然です。背中が反ってお尻が上向きになっているため、腰と壁との間に拳が入るほどの隙間ができるのです。腰が突きだしてしまっているために、頭をしっかり支えられていないのです。頭部は、人間の体の部分としては最も重たいものです。正中線が一直線になっている人は、余分な負荷の掛かりようがないために、腰への負担が最も軽いのです。曲がってしまえば、そこに上からの負荷が大きくのしかかってくることは想像に難くないでしょう。

 
正しい姿勢というものは、重心が正しい位置にあるものです。腰やおへそ、お尻が上を向いていてはいけません。背筋が伸びる感覚を意識してください。その位置のままで腰のことを考えると、猫背を直そうと腰を突きだす形になってしまいます。そうではなく、腰を入れつつお腹をへこませてみてください。
そして上から引かれる感覚を保てば、まっすぐな姿勢になっていることでしょう。

 

 

 

ストレッチの注意点

| 未分類 |

a0003_001621

 

ストレッチを行う時の注意点は、ひとつは先に述べました。
ゆっくり行うことです。急で激しい動きは、腰に更なる負担を掛けることにしかなりません。また、呼吸も大切です。筋肉を伸ばしている時には息も一緒に吐きながら行いましょう。ただし、伸ばしている時に痛みを感じればその時点で止めてください。無理はしないことです。痛みを感じるということは、無理矢理に負担を掛けていることにほかなりません。できないことを無理強いしても、ストレスになってしまうだけです。多少は無理をしなければならないと思われるかもしれませんが、余計な痛みを抱えることになります。

 
ゆっくり行うこと、無理をしないこと。これは必ず念頭に置いておいてください。
そして、ストレッチの効果を体感してください。ゆっくりと、息を吐きながら伸ばされた筋肉は、姿勢を戻した時にその感覚が伝わってくるはずです。伸びていると、伸ばす前よりも伸びて整っているはずです。それが感じられないということは、力が入っているか、きちんと伸ばされていないということなので、今一度方法を見直してみてください。無用な方法を何度したところで効果は上がりません。
腰痛は、癖になりやすいものです。少しでも軽減できるように頑張りましょう。

憧れの野球選手と同じモデルの道具を使うことって、憧れですよね。
しかし、なかなか商品化されていないものです。

 

そんな中、アディダスから野球トレーニングバット青木モデルが発売されています。

青木って誰と思う人もいるかもしれません。
野球番組を見ない人は、わからないかもしれませんが、ヤクルトスワローズで活躍している青木宣親選手が使用していたモデルです。

 

バットの型番によっては、青木選手の写真があります。
写真があると、使うのがもったいないと思う人もいるかもしれません。

 

トレーニングバットなのに使わないでは、上達しません。
写真の部分こそ、ボールがちょうど当たる部分なので、練習すればするほど写真が見えなくなるかもしれません。

 

とことんトレーニングをすることで、正しいフォームが身につき、軸が安定するので、バンバン打つことのできる筋肉を付けることができます。

 

トレーニングバットですが、打撃も問題なくできます。

 

青木選手が好きすぎる人は、2本購入して、1本はインテリアとして、もう1本は、とことんトレーニング用として活用してみてはいかがでしょうか。

 

トレーニングバットで野球センスが良くなって、試合で活躍できるといいですね。

 

 

ジームス トレーニング用バット

| 未分類 |

スポーツをしている人にとって、トレーニングは欠かせません。

トレーニングの積み重ねで、上達し、試合に出られるようになります。

 

野球だって、スポーツ番組で取り上げられているように、毎日トレーニングをしています。

オフシーズンは、キャンプインの前に、自主トレをしている選手が多くなってきています。

 

年間を通して1軍を維持することが、いかに大変かということです。

野球をしている人なら、誰もが、4番を目指すかと思います。

4番を目指す人なら、バッティングのトレーニングは欠かせません。

 

たかがバットを振ることかもしれませんが、振っただけではボールは当たりません。

ボールが仮に当たったとしても、思った方向に飛ばすことができる人はどのくらいいるのでしょうか。

 

バッティングを上達したい人にお勧めしたいのが、ジームスのトレーニング用バットです。

トレーニング用のバットというと、変な形をしていることもまりますが、ジームスのトレーニング用バットは、ごくごく普通の形なので、実打も可能です。

 

トレーニング用バットで、フォームの矯正や軸の安定を強化しましょう。

将来、4番バッターで活躍できる選手になれるといいですね。

 

 

ウチダ シュプリームスウィング

| 未分類 |

学生時代に、野球部の練習風景で、印象に残っているのが、暗くなって練習の最後に掛け声に合わせて素振りをしている光景です。

当時、たかが素振りと思っていたので、どうしてそんなに一生懸命素振りをするのだろうかと思ったものです。

 

テレビで、プロ野球選手の自主トレを見るようになって、たかが素振りではなく、素振りも立派な練習だということが分かりました。

素振りをしっかりするなら、素振り専用のバットを使ってみてはいかがでしょうか。

 

今回お勧めしたいのが、ウチダのシュプリームスウィングです。
特徴は、インサイドアウトで飛距離を実現できます。

 

しっかりと練習することで、軸が安定し、下半身の踏ん張りが利くので、ガッツリ打つことができます。

素振りを見ているだけだと、腕の力だけでやているのではないかと思いがちです。

素振りは、身体全体を意識して使うことで、無理な力をかけずとも、軸がしっかりとするので、しっかり打ちこむことができるようになります。

 

注意してほしいのは、ウチダのシュプリームスウィングは見ての通り、ちょうどボールがたるところが一番細い素振り専用ということです。

ボールを使わない練習も、真剣に取り組みましょう。

 

 

野球のオフに当たる冬になると、今シーズン足りなかった部分を補強するトレーニングを積み、来シーズンに備えます。

トレーニングは、色々な方法があります。

 

プロ野球のキャンプインに入ると、選手のトレーニング光景が放送されていますよね。

選手によっては、昨年のフォームとキャンプ中のフォームの違いが放送されているほど、トレーニングによって、フォームを矯正しています。

 

フォームを矯正することで、来シーズンの成績にも影響してきます。
勝つためのトレーニングだけでなく、怪我をしないためのトレーニングもしています。

 

野球のバッティングを矯正したい人にお勧めしたいモノがあります。

ローリングスのトレーニング用バットには、軟式の実打にも使えるバットもありますが、トレーニング専用の特殊バットがあります。

 

トレーニング専用の特殊バットは、バットの形状が変わっています。

打つスピードを速くするためのトレーニングや速いヘッドスピードで振りぬくトレーニングを行うことができます。

トレーニングを積むことで、正しいフォームを身につけることができるだけでなく、正しく打つことのできる筋肉も付けることができます。

 

トレーニングをしっかりと積んで、試合で生かされるといいですね。